金木犀。
d0110397_8451539.jpg
原種であるギンモクセイは、白い花が付くそうです。
金木犀は、橙黄色を付けることから「金」と名付けられたそうです。
木犀は音読みで、動物のサイの肌に似た木だから「木犀」と言うそうです。


先日、偶然入った和菓子屋さんに置いてあったDMに目がとまりました。
牧野真耶さんという作家さんで、その翌週から始まる個展の案内でした。
絵と思われるDM作品『雨の中』に書かれた言葉、「胡粉地に藍」が気になりました。

DMの色合いに惹かれ、そして、どんな制作工程をするのかが知りたくて伺いました。
最終日だったので、作家さんもいらして詳しく教えていただきました。
初めて知る複雑な工程でしたが、とても興味深いものでした。

彼女の作品に、金木犀を題材にした作品がいくつかありました。
藍を使って表現するため、橙黄色の色のものではありません。
ですが、とてもとても心に残る作品でした。
by masamin0811 | 2013-10-09 00:00 | flower | Comments(0)
<< ガラス。 疲れてるときは、 >>



my favorite things...