ガラス作家 江波冨士子 公開制作・・・3
午後からの作業前の挨拶では、昨年3月11日の東日本大震災で犠牲になられた方々を思い、会場にいる全員で黙祷が行われました。
こちらの工房がある北茨城市でも、5人の方が亡くなられたそうです。
d0110397_056548.jpg


挨拶のあとは、3つの制作工程が披露されました。
1.ムリーニパーツ「椿の花」を作成。
2.「トルコの空シリーズ」の花器の首部分を作成。
3.花器の胴体部分を作成し、首部分と接合完成へ。

椿の雌しべ部分に花びらを5枚重ねていき、透明のガラスで閉じ込める作業です。
この後、四角いパーツにしていくのですが、
その工程などは動画に記録をしたので、用意が出来次第UPします。
※写真クリックすると少し大きくなります。
d0110397_0615.jpg



デモの様子を、解説する小西さん。
d0110397_1494339.jpg


花器の首部分を作成中です。
アシスタントは、潮工房の山本さん。
d0110397_1211282.jpg


様々な作業工程の中では、本体側の竿の持ち手が交代する時があります。
胴体部分の成形を交代して行っている小西さん。
d0110397_1223745.jpg


胴体部分の形が出来てきました。
ムリーニの模様がうっすらと見えるのが分かるでしょうか?
首元の色と底側の色が違うことで収縮率が変わり、ほんの少し膨らみが違うことも見てとれます。
d0110397_127363.jpg


最後の佳境に入ってきました。
スタッフ全員の動きも速くなり、表情も厳しくなってきました。
緊張した面持で、見学者の皆さんも見ていました。
d0110397_130354.jpg


首元が胴体側に接合されて、最後の成形に近づいていきます。
d0110397_13542.jpg


首元の形を整えて、花器の底部を絞り込んで完成へ。
d0110397_1365050.jpg


最後の工程は動画で記録しましたので、用意が出来次第UPします。
午後1時から午後4時まで、ほぼノンストップでの作業でした。
最後は見る側、そして作る側からも拍手。

公開制作最終版は明日へ・・・。


追記:動画をUPしました。

音声等は編集していないので、工房内の炉の音がずっと流れています。
途中で大きくなったりしますので、ご注意ください。
また、制作工程の説明を小西さんがしていますが、撮影場所ではほとんど音がとれませんでした。
ご了承ください。


公開制作①「椿のムリーニ制作」

公開制作②「ムリーニのflower vase」
by masamin0811 | 2012-02-14 00:00 | event&trip | Comments(0)
<< ガラス作家 江波冨士子 公開制... ガラス作家 江波冨士子 公開制... >>



my favorite things...